甲状腺疾患・糖尿病専門 笠原クリニック

大阪メトロ なんば駅 12番出口より徒歩約2分

大阪市中央区難波4丁目5番30号ニイタカLAQZAビル2階

TEL.06-6630-7751

よくあるご質問 frequently asked questions

受診・受付について

受付は何時までですか?
診察終了時間の30分前で受付を終了いたします。
何時までに採血をすれば結果がでますか?
再診の方であれば17時30分までに受付をしていただき、17時45分までに採血をしていただければ当日の結果説明が可能です。17時30分以降18時までの受付の方については検査が必要な場合、結果説明は後日となります。
18時までに受付すればよいですか?
再診の方の受付は18時までです。17時30分以降に受付された場合で検査がある時には結果は後日説明になります。病状が安定している方には検査結果郵送をお選びすることも可能です(特定記録郵便代244円が別途必要です)。
初めて受診します。何時までに受付を済ませれば当日結果が聞けますか?
初診の方は17時までに受付をしていただければ、当日に結果説明が可能です。病状や検査内容にもよりますが、受付から検査結果説明などすべて終了するまでの所要時間は約1時間30分程度です。当日時間がない方は後日に結果を聞くことも可能です。その際は診察室でお申し出ください。
初めて受診します。どうしても17時過ぎてしまいます。何時までに受付すれば診察してもらえますか?
17時30分までに受付をお済ませください。検査が必要な場合は当日実施しますが、結果説明については後日となります。(細胞診など一部の検査については当日実施できないことがあります)。
受診の際、予約は必要でしょうか?
新型コロナウィルス対策の一環として、同一時間の予約人数を制限し診療を行っております。皆様の待ち時間を短くするためにも、できるだけ予約の取得をお願い致します。
なお、予約はインターネット(アイチケット広場)または電話で受付を行っています。当院をはじめて受診される方の予約は21日前から、再診の方の予約は90日前から受け付けております。
駐車場はありますか?
申し訳ございません。駐車場はありません。近隣のコインパーキング(有料)をご利用ください。
クレジットカードでの支払いはできますか?
診療費のお支払いは、現金だけではなくクレジットカード(VISA, Master)もご利用いただけます。
保険証を忘れたのですがどうしたらよいですか?
全額自己負担(10割負担)でのお支払いとなります。月末までに保険証を提示していただければ返金対応致します。翌月になってしまった場合はご自身で、加入している保険組合または市・区役所に連絡し返金方法についてご確認ください。

文書作成・申請等について

小児慢性特定疾患の申請をしたいのですがどうしたらよいですか?
まずは自治体の窓口へ申請の相談に行ってください。必要書類は自治体によって異なることがございますので、お住いの自治体窓口へご確認ください。
当院での医療意見書は自費で3300円になります。
受給者証の認定期間は1年間となります。更新時期は自治体によって異なりますので自治体にご確認ください。
小児慢性特定疾患の意見書を書いてもらえますか?
当院に通院中の方であれば意見書作成が可能です。意見書の料金は自費で3300円になります。出生時体重などを記載する必要がありますので母子手帳をご持参ください。意見書は次回受診時の受け取り、または特定記録郵便での郵送(郵便代244円が別途必要です)をお選びいただけます。
紹介状が欲しいので書いてもらえますか?
当院に通院中の方であれば紹介状の作成が可能です。ご希望の医療機関が決まりましたら受診時にお伝えください。紹介状は次回受診時の受け取り、または特定記録郵便での郵送(郵送代244円が別途必要です)をお選びいただけます。
紹介状作成の料金は3割負担の方で750円になります。
そちらに通院歴がないのですが、診断書や公費の申請書を書いてもらえますか?
通院中の病院または医院がございましたらまずそちらの医療機関にお尋ねください。通院している医療機関がない場合や今後当院への通院希望である場合はまず受診をお願い致します。

薬について

メルカゾール(またはチウラジール、プロパジール)服用中に38度以上の高熱や強い喉の痛みがでたらどうしたら良いですか?
メルカゾール(またはチウラジール、プロパジール)の内服を中止して、その当日または翌日に当院あるいは近隣の医療機関を受診して血液検査を受けてください。なお、当日・翌日ともに当院や近隣の医療機関が休診の場合は休日診療か救急外来のある病院を受診し血液検査を受けてください。好中球数が1000/mm3以下(または白血球数が3000/mm3以下)の場合は、メルカゾール(またはチウラヂール、プロパジール)の内服を中止した状態で数日以内に当院を受診してください。なお、好中球減少症(白血球減少症)は、それに気づかずに内服を継続すると重篤な副作用となりえますが、適切に内服を中止し対応すれば心配ありませんので上記のことを必ずお守りください。
メルカゾール(またはチウラジール、プロパジール)といった抗甲状腺薬の服用中に痒みや蕁麻疹がでた場合はどうしたらよいですか?
市販の痒み止めを併用することで、抗甲状腺薬の内服を継続できることがほとんどです。症状が落ち着くようであれば当初の予定通りに当院を再診してください。症状が治まらない場合には早めに受診してください。
薬だけの処方はできますか?
診察をせずに薬だけ処方することは保険診療においては認められておりません。診察を受けていただきます。
処方箋の期限が切れてしまいました。どうしたらよいですか?
処方箋の有効期限は発行日を含めて4日間です。処方箋の期限が切れてしまった場合には、再度受診し、処方箋を発行する必要があります。医師の診察を受けた日から日数が経ってしまっていると、原則として再度診察を受けて、現状の症状に合わせた処方箋をあらためて発行する必要があります。
一般的には、その際に関わる診察料含め、病院での費用は保険適用とならず、自費での支払いとなります。
一方、再度発行された処方箋があれば、薬局でのお薬代は、通常、保険適用となります。
もらった薬をなくしてしまいました。
紛失して足りない日数分の薬をあらためて処方する必要があります。当院での診察と処方箋発行に係る費用および薬局での支払いも全額自己負担になりますのでご注意ください。

診療・検査について

どのような検査をされますか?
一般的な血液検査のほか、甲状腺ホルモンや血糖値、HbA1cなどは院内で測定が可能なため迅速に結果を確認することが可能です。そのほか、超音波検査・心電図検査・レントゲン検査が可能です。
検査の結果がでるまでの時間を教えてください。
採血を行ってから約1時間で結果がでます。多少前後することはございます。
初診で糖尿の検査をしてほしいです。食事は抜いてきたほうがよいですか?
午前中であれば朝食を抜いてきてください。午後からの診察であれば食事抜かなくても結構です。何時に食事を摂られたか来院時にお聞きします。
初診で甲状腺の検査希望です食事を抜いてきたほうがよいですか?
食事は食べてこられて構いません。
男性でも診てもらえますか?
男性は甲状腺疾患の頻度が女性に比較して低いのですが、決してまれな病気ではありません。甲状腺疾患の可能性が疑われる場合や心配な場合は受診をお勧めします。
子供でも診てもらえますか?
可能です。当院では小児・成人を問わず対応が可能です。

海藻類の摂取について

海藻類といったヨウ素を含む食品について制限が必要ですか?
各食品100gあたりのヨウ素含有量は表のとおりです(日本食品標準成分表2020年版(八訂)より)。
潜在性甲状腺機能低下症(血液検査でTSHの値が少し高めの方)や橋本病を有する方が日常生活においてヨウ素過剰摂取を避けるために、昆布やひじきの摂りすぎに注意することには意味があるようです。一方で、わかめや海苔についてはヨウ素含有量が多くはないため当院では特に制限はしていません。
バセドウ病治療中ですが海藻類制限は必要ですか?
海藻類、特に昆布は大量のヨウ素(ヨード)を含みます。外国からの報告をもとに、ヨウ素の過剰摂取は抗甲状腺薬による甲状腺機能の正常化を遅らせると以前は考えられていました。しかし日本における検討では抗甲状腺薬治療中にヨウ素制限の有無は治療効果に影響しませんでした。日本はヨウ素摂取量が多い国です。もともとのヨウ素摂取量によって甲状腺の病気の種類や、治療効果に違いがみられることが知られています。
日本ではバセドウ病治療にヨウ素を用いることもあります。ヨウ素充足地域に分類される日本においてはヨウ素制限がバセドウ病の治療に有用ではないようです。さらに、海産物を食べ、出汁を用いる習慣のある日本では厳密なヨウ素制限を継続することはそもそも困難です。従って、通常の抗甲状腺薬治療中に海藻類を制限する必要はないと考えられます。